ナカムラテツオのヒトリゴト


by fullnelson65
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

運が悪けりゃ死ぬだけさ

先日 やっとこさ 

コーエンの 「NO COUNTRY」 観ました

もう二年位 精神的に調子が悪くて 

映画や音楽を 楽しめる状態じゃなかったんですが  

何とか 回復しつつありまして インプットが 加速しています

c0042451_2222434.jpg



期待を裏切らない らしさ いっぱいの映画でした

逃げる男 追う男 その二人を追う男

ちゃんと三人の立場 視点が偏らずに うまく表現されていて 好印象

どうみても 西部劇へのオマージュなんだろうけど

そこはコーエンですから ただの追跡物には 終わっておりません

トミーリージョーンズも 渋く演じるほど 何か笑えるし

おかっぱ頭の殺し屋に いたっては キャラ爆発です 笑


しかし 私の心を捉えて離さなかったのは 

ジョシュ・ブローリン演じる 金を持って逃げる男

基本的にイイ奴 頭も悪くない オーソドックスな タフガイ

だけど どこかしら 駄目男が匂ってくるというね

死に方も 非常にあっけなく 最高でした!

もう ペキンパーの映画に 出てたでしょう?てな感じですね

何か ただバイオレンスに走っているのは 最近でも結構ありましたが

久しぶりですねぇ この手のタフガイは 笑

非常に良かったです


で こんな曲を 思い出しました

松田優作の 探偵物語はカッコよすぎてだめだった

俺は断然 こっちだったんだよなぁ


「俺達は天使だ!」 主題歌 「男たちのメロディ」


[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-26 07:46 | 日々雑言

後姿は語る


昔 撮った写真を 整理していたのですが

何だか 後姿の写真が やたら多かった

無意識のうちに シャッターを 押していたのだと思いますが

後姿って 何だか イマジネーション わかせるなぁ

それぞれに 物語がありそう

せっかくなんで 何枚かアップしてみました
c0042451_14334437.jpg

c0042451_14341852.jpg

c0042451_14351722.jpg

c0042451_14355410.jpg

c0042451_1437206.jpg

c0042451_14374637.jpg

[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-19 12:29 | 日々雑言

爆音のカタルシス


c0042451_1315044.jpg

本日 オリヴィエ アサイヤス特集にて

¨Noise¨ の上映を担当しました

ソニックユース ジムオルークなどの 音響系ミュージシャン 

ケイトモラン ジャンヌバリバール 

ロドルフビュルジェなどの 俳優達が

音楽への 実験的なアプローチを試みる ドキュメンタリー映画です

主催者側の意向で 音量を フルテン ギリギリまであげての上映

いやぁ いつアンプが飛ぶのかと 別の意味で スリリングでした 笑

元々 音響系 ノイズ系は 嫌いじゃないのですが

体力低下と共に 自然と聴かなくなっていました

久しぶりに これだけの音量の中に 身を置きましたが 

始まってみると 全然 たんねぇ感じ

前後不覚 平衡感覚を失うような 感覚が 醍醐味なんですけどね

それによる 浄化作用みたいな所が みられるのですが

残念ながら そこまでには 至りませんでした


しかし そこで試されている事は 滑稽でもありますが

人間的でもあり 非常に 興味を惹かれました

普段 自分では 音楽的制約のある中で 

曲を作ったり 演奏をしていますが こんな アプローチも 面白いなぁ 

制約がない様に 見えるだけで 自由とは思いませんが

この自己完結 もしくは投げっぱなしの感覚 そして爆音のカタルシス

やはり 何か 魅力があります
[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-17 20:10 | 日々雑言
c0042451_13185433.jpg

昨日は サポートで参加している

ナナカマド のライブ 2回目の参加でした

ふぅこ カトちゃん ドラ久保 の三人

もう なじみとなるメンバー達で 気負いなく

しかし 楽曲の持つ 適度な緊張感 等 作用して

後味の良いライヴが できました



そして 先日レコーディングに参加した アルバムも 完成!

二人の想いと まわりのスタッフ達に 支えられた 良いアルバムです

良い曲をつくり 良い演奏をし 良いミックスをし 

センスの良いアートワークを 施す

ひとつずつ 丁寧に 当たり前のことをして 

コツコツと作られた 手触りの感じられるアルバム

シンプルなだけに 染み入ります
[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-16 13:22 | 日々雑言

ヒッピーに捧ぐ


昨日は イチコを病院に連れて行き

しばらく 様子をみてから

青山へ 出かけてきました

あまりの 弔問客の多さに 断念し

かなり遠めから 合掌だけして 帰ってきました




ヒッピーに捧ぐ   RCサクセション

作詞 忌野清志郎
作曲 肝沢幅一

お別れは突然やってきて
すぐに済んでしまった
いつものようななにげない朝は
知らん顔してぼくを起こした、
電車は動きだした 豚どもを乗せて
ぼくを乗せて
次の駅で ぼくは降りてしまった
30分泣いた 涙をふいて
電車に乗りこんだ
遅刻してホールについた、
ぼくらは歌い出した
君に聞こえるように
声を張り上げて
空を引き裂いて
君がやって来て
ぼくらを救ってくれると言った。

検屍官と市役所は 君が
死んだなんていうのさ
明日 また 楽屋で会おう
新しいギターを
見せてあげる

http://www.youtube.com/watch?v=uLC5-v0JfaU&feature=related
[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-10 15:03 | 日々雑言

イチコ


c0042451_13291044.jpg
昨日の朝 夜勤から戻ると

チビのイチコが ガタガタ震えて ウーウー唸っていた

見てみると 下痢もしているし 吐いた痕跡も発見

急いで 病院に 連れて行くと 41度の高熱でした

抗生物質を注射してもらい 点滴を打ってもらいました

こんな小さな生き物が ガタガタ震えて 

不安そうな目をしているのを見ると

ほんとうに 辛くなります

仕事で 止む無く 夜中に家を留守にする事が 多いので

こういう事があると 考えてしまいます

誰か 家にいてくれれば 安心なんですが

15時間以上も 犬達だけというのは 何とも 心が痛みます

仕事 変えようかな



今朝は 熱も下がったようで 

エサにも 口を付けてくれ 一安心

後ろ髪を引かれる思いで 出勤です
[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-10 13:15 | 日々雑言

あいしあってるかい

いゃぁ まいったね
キヨシロー 死んじゃったよ

バンドを 始める入口に 立ってた人だもん

自分にとっては別次元

フィクションの中のヒーローみたいな存在でした

悲しいというか 何か不思議な感じです

地元が同じで
通っていた高校の卒業生だったので

活動テリトリーが近かったのかな

歌詞に出てくる場所が

自分の日常にあったりして

妙に親近感をおぼえたな

たまらん坂や

市営グランドの駐車場

キヨシローが授業をさぼって煙草を吸ってた 屋上で

同じ事をマネてみたっけ

当時の 色々なこと 思い出してたら

何だか 泣けてきた
[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-04 01:19 | 日々雑言

The Sound of Summer Running

清々しい陽気ですねc0042451_1154588.jpg


毎年、新緑のこの季節になると

聴きたくなるアルバムがあるのですが

誰かに貸したのか

手放してしまったのか

いつも手元にありません


なので、今年も買ってきました。

ビル エヴァンス トリオ
最後のベーシスト、

マーク ジョンソン のリーダーアルバムです。

純粋なジャズと言うよりも カントリー等の

ルーツミュージックに 近いもので ジャケットの写真通りのサウンド

「アメリカの空」という感じですね


実はジャズには思い入れも コダワリもないのですが

ビル エヴァンス には 何故だか魅かれます

あの突き抜けた ポップ感が ジャンルの壁を 跳び越えている様で好きです

マークもそのセンスを 引き継いでいるのか アプローチは違えど

見事なセンスを見せています

しかも リーダーアルバムにもかかわらず

メインは二人のギタリスト、

パットメセニービルフレーゼル

そんな控えめ過ぎる所も センス良いというか 好感持てます


まぁでも どうでも良いのです そんな事は 


只 ボーっと休みを過ごしていたなら 

今すぐ このアルバムを手に入れ

部屋の窓を開放ち

午睡のBGMにする事をお勧めします。
[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-02 12:00 | 日々雑言