ナカムラテツオのヒトリゴト


by fullnelson65
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

キャロルブーケ登場

昨日も映画祭の試写。

その後、夕方になり、急な試写が入った。

何やら映画祭関連の監督作品らしい。

c0042451_2512597.jpg



詳細わからないまま、映写開始。

ドタバタとしていたり、英語字幕のみだったりして、

ちゃんと観ていなかったのだが、

なにやら中世のお姫様のお話。

お姫様の母親役でキャロルブーケがちょこっと出演。

彼女が出てくると、画面が引き締まるというか、

緊張感みたいなものがある。

さすが、ボンドガール(笑)
やっぱ、ベテランだなぁ、

なんて思っているうちに、無事終了。

さて、帰ろうと支度をしていると、

「キャロルブーケさんが、到着しました!」とのMC。

振り返るとそこに、「うそっ、モノホン?」
[PR]
by fullnelson65 | 2006-03-15 02:59 | 日々雑言

最も好きな写真家、エグルストン。c0042451_0165073.jpg
彼のドキュメンタリー映画があると知ったのは、
数週間前。
方々、調べてまわり、
日本では配給されないだろうと判断し、
アマゾンでDVDを購入。

どうせならと、劇場の空き時間を使って、一人上映会。

中身はというと、写真を撮る彼に
ずっとくっついてまわり、
時折、ヒストリーやらを挿入するという、
特に何てことない作り。
平凡なドキュメンタリー。
そう、映画自体の作りは何てことないのだが、
そこに挟み込まれるエグルストンの作品の数々が、
突出していて際立つ。
写真はもちろん、グラフィック、映像作品、さらに作曲、演奏まで、何ともいえない、独特な世界を披露。
やはりこの種の人達って、ひらめきやセンスなんだなぁ、と実感。
努力や経験を積み重ねた物とは、違う次元にある。
で、やっぱり気になる事は、何でもやってみるんだね。

この映画、映像だけで語る事ができる、ガスヴァンサントが、
監督をしていたら、かなり面白かったと思うのだが。
自らエグルストンの影響大と語っているようだし、
リアルなエグルストンを撮る、虚構のエグルストンという
パラレルワールドが展開していたのでは?
と、考えるだけで、かなり楽しい。



[PR]
by fullnelson65 | 2006-03-08 10:14 | 映画