ナカムラテツオのヒトリゴト


by fullnelson65
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日のライブ

いやぁ、楽しくできた。
バンドも俺自身も紆余曲折を経て、
ようやく何かキッカケがつかめて来た感じ。

長年の友人、宇田川寅蔵スムースワンの共演も、とても楽しく、刺激を受けたなぁ。
久しぶりに観た彼のステージは、何か良い具合に力が抜けて来ていて、
とても頼もしく、かっこ良くみえた。
すごくフラットな状態でステージに立っている感じ。
羨ましくも、少し悔しい。

開店休業中の彼とのバンド、JPBのライブも久しぶりにやりたいなぁ。
[PR]
by fullnelson65 | 2005-05-28 09:38 | 日々雑言
フレクサレットで写真を撮りました。
スクエァーフォーマットにも、段々慣れて来たようです。

近所を散策&
ウチの帆太郎というイヌです。

特に発色が良いと言う、
Kodak ULTRA COLOR 400UC を使用。
。。にしても、この空の色は何だろ?
嫌いじゃないけど、スゴい発色だなぁ。

c0042451_903329.jpg
c0042451_904990.jpg

c0042451_9154.jpg

c0042451_912014.jpg

[PR]
by fullnelson65 | 2005-05-26 09:05 | 日々雑言

写真を撮ってみた。

フレクサレットで写真を撮ってみた。
思っていたより、シャープな写りに驚く。
ロシアンレンズの写りに近いものと思っていたが、中々どうして、優秀なレンズ。
重量も900gと軽く、お散歩カメラに最適。
それにしても、スクエアーフォーマット(正方形)。好きだなぁ。

c0042451_035031.jpg

c0042451_0231637.jpg
c0042451_026593.jpg
c0042451_03043100.jpg
c0042451_0323121.jpg

[PR]
by fullnelson65 | 2005-05-20 00:33 | 日々雑言

カメラを買った。

c0042451_2338541.jpg

先日、チェコスロバキア製、2眼レフカメラ、フレクサレットを購入。
前々から、2眼レフは一つ欲しかったので、色々と目星をつけていた。
ローライ等の本物は持つ気はしないし、値段も折り合わない。
散々、悩んだ結果、フレクサレットに決定。
早速、オークションで検索したのだが、どこを見てもけっこうな高値。
そんなはずは無いと、足を使って探す事に。

翌日、新宿西口の裏路地を散策し、何やら怪しげな中古カメラ屋を発見。
中に入ってみると、無愛想な店員の後ろに、無造作に並べられたお宝が!
1、2、3......ナント、目当てのカメラが10台も並んでいた。
あれだけ探しても無かったのに、あるとこにはあるもんなんだなぁ。
しかも全て、市場価格の半値程の値段なのだ。
早速、はじから見せてもらい、色々といじり回し、フレクサレットⅤ型に決定。
店員の兄ちゃんも話をしてみると、ちょっとシャイなだけのいい奴で、
親切に、しつこい質問にも答えてくれた。
ほぼ半世紀前の機械なのだが、アナログものはキチンと扱ってやれば、
何十年でも使えるものだ。
動作も全てオーケー。
経過年数を考えると、外観も美品の部類。

さて、これからどんな写真を撮ろうか、久しぶりにワクワク。
[PR]
by fullnelson65 | 2005-05-15 00:13 | 日々雑言

黄金週間

黄金週間も終わり。
結局、人並みにゆっくり休んでしまった。
特に何をした訳ではないのだが、
家族とすごしたり、ボーッとする時間ができて、良かった。
ちょっと、リフレッシュ。

連休最終日の昨日は『SMOOTH ONE』のライブ。
予告もなしに高校の同級生が奥さんを伴い来てくれた。
mixiで再会した、20年ぶりの友達だ。
しばし、18歳の青春時代にタイムスリップ。(笑)
想えば、こんな事を20年以上続けているのだなぁ、と実感し、
ライブ前にちょっと緊張。

ライブが終了。
色んな課題を残しつつ、バンドはとても良い状態に向かって来た気がする。
うまく行かなかったり、試行錯誤を繰り返すも、3人での演奏がとても楽しい。
こんな機会を与えてくれる、メンバーと周りで見守ってくれている人達に感謝。
[PR]
by fullnelson65 | 2005-05-06 08:05 | 日々雑言

今日は映写マン

5/1日曜日。
急遽決まった、ゴダールの新作上映が午前中からあり、
朝からゴダールかぁ、と思いながらも仕事に向かう。
到着した時にはすでに長蛇の列。
日本人て、ゴダール好きが多いんだなぁ。

問題なく無事上映終了。

次はジャンギャバンの戦前の映画『愛慾』。
開場まで後、約一時間。しかも今度は16mmだ。
映写機を2台セットして、フィルムにチェンジ用の銀紙を張り、
画角を合わせる。
と、ここでトラブル発生。
片方の映写機のノイズが、かなりでかい。
色々と試したが改善されず、荒技ではあったのだがコンプリミッターを使う事にする。
コンプとは音量のピークを押さえる機械で、使い方によりノイズのような耳障りな小さな音を
カットすることができる。しかし映画では使った事が無いし、ちょっと冒険だ。
ただでさえ、色々な事にコダワリをもった客層だけに。。。
少し考えたが、時間が刻々と過ぎていく中、決断。
音調整の為、会場と映写室の行き来を繰り返し、何とかギリギリ間に合った。

上映開始。
古いプリントの為、上映中も細かな微調整をしながら、無事終了。

休む暇もなく、次の準備に取りかかる。後、一時間。
次もジャンギャバンの『獣人』。今度は35mmだ。
プリント到着がギリギリだった為、まだノーチェック状態、しかも8巻もある。
さぁ、大変だ。と、言うところで弟子一号の結城くん登場。
『途中までやっとくので、飯食いに行って下さいよ』とのありがたいお言葉。
遠慮なく、『なか卵』に走った。
戻ってくると、『2巻目までやっときましたから』とのこと。
ありがたい。これでなんとかなりそうだ。
時間になり、上映開始。
さぁ、3巻目以降チェックするかと見てみると、青くなった。
リールが異常に短いのだ。
これだと1巻、15分あるかないか。
巻き戻してチェックして、また巻き戻して。。。多分ギリギリだ。
だがとにかくやるしかない。上映は始まってしまっている。
3巻目チェックをし、4巻目を巻き戻しているところで、また問題発生。
古いプリントでは、たまにあるのだが、きれいに巻き取れずに太巻きになってしまった。
これでは、映写機にセットすることができない。
再度、巻き戻して何とか、ギリギリ間に合った。
だが、次の巻をチェックしている時間はない。予定変更。
マニュアル、目測で画面を繋ぐ事にする。
通常はフィルムのお尻の方に印を付けて、それを合図に映写機をチェンジして
画面を繋いでいくのだが、印を付ける時間もない今、勘で繋いで行くしかない。
まぁ、何とかなるだろう。
5、6、7巻と無事に繋ぎ、残すところ最後の8巻目。
気の緩みが出てしまったのだろう、ここで大失敗をした。
7巻目がそろそろ終わりに来たので最後の繋ぎのスタンバイをした。
何か胸騒ぎがして8巻目のセット状況をチェック。
やってしまった。
プリントを左右逆にセットしてしまっていた。8巻目だけ元々の巻きが逆だったのだ。
気が付いたところで、残り30秒もない。
どうしようもなく、映写機をストップ。。。。
1分で巻き直し、再度上映スタート。
大失態だ。
どんな状況でも前準備はしっかりしておかなくてはならないと、深く反省。
関係各位の皆様に御迷惑をおかけした。申し訳ありません。

だが、仕事はまだ続く。
上映後、フランスからの評論家、バイーニ氏の講演会。
映画の抜粋を講演の為に上映した。
全て終了、21時30分。

急いでチャリンコで帰宅。
待っていてくれた、家族とおそい夕食。
食後、気を失う様に就寝。
[PR]
by fullnelson65 | 2005-05-02 09:55 | 日々雑言