ナカムラテツオのヒトリゴト


by fullnelson65
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日々雑言( 98 )

老いと体力


昨晩は 渋谷7ef にて JPBのライブ  

楽しくできました 

久しぶりの再会やら 嬉しいニュースもあったりで とても ハッピーな気分

懐かしさも手伝って 演奏前に 軽く飲んでしまったのですが 

おかげで 本番では ヘロヘロ 

同じ年長者の 三上さんもキツそうだったなぁ もはや 中年ではなく 初老だよ 笑


まぁ でも歳をとるという事には 抵抗はないんです

むしろ 色んな物や しがらみが蓄積されていく様は 楽しくもあるわけで

やはり 身体が 自分の意思とおりに 動かなくなってくるのが キツイのかな?

 


そんな流れで ふと思い出した 10年程前の音楽番組

近田春夫さんがホストで 若いミュージシャンを迎えて お話をするという内容でした

その中で 近田さんが

 「もう 僕らおじさんミュージシャンの 生き残る道は 体力をつけるしかない!」

みたいな事を 熱弁していました 

正直その時は ピンとこなかったんですが 自分が歳をとってみると 実感しますね ほんとに


で もうひとつ 面白い記事を発見しました

これも10年程前の テリー伊藤と近田さんの対談です  

この当時 近田さんは50歳 信じられない位 元気です! 笑

気になる中年同志の方々は 参考まで

テリー伊藤×近田春夫
[PR]
by fullnelson65 | 2009-08-28 17:40 | 日々雑言

帆太郎の里帰り


帆太郎が 帰ってきた

麻子さんの 公演中だけ しばらく里帰りです

それに合わせて 10日程 夏休みをとりました

ひたすら 犬達と ダラダラと 寝てすごす予定
c0042451_054867.jpg

[PR]
by fullnelson65 | 2009-08-26 00:56 | 日々雑言

trictrac#10

「サイドミラーとまばたきと」 無事終了

第2回公演から 音響を担当していて

曲も作りたいねー などと言っていたのですが

10回目で やっと実現しました

この劇団は おしゃれな芝居 という

なにか 相反することを掲げていまして(笑)

試行錯誤しながらも 何とか10回目まで たどり着いたわけです

はじめの頃から 主宰であるクニツさんの 

選曲のセンスの良さは 承知していたので

曲作りも 難航しそうだなぁ と思っていたのですが

正味 二日で完成いたしました!

アップしておきますので ご覧ください


ソウルのCHAD 新潟の京子ちゃん シアトルのJAMES

そして松井三兄弟 trictracのみなさま どうもありがとうございました

"
[PR]
by fullnelson65 | 2009-06-30 09:12 | 日々雑言

楽日

c0042451_15101980.jpg


只今 楽日のマチネが終わりました

役者さん達は 駄目だし中

今回は 久しぶりに 

音楽も作れたし

その過程で 自分の中に 

発見があったり

幾つかの 新しい出会いが 

あったりで

色々と

収穫がありましたねー

さぁ 残す所 あと一回
[PR]
by fullnelson65 | 2009-06-28 15:25 | 日々雑言

夜勤明け 帰宅途中に買い物

10日分の 動物と人間の食料を まとめ買いしました

野菜など 傷みが早いもの意外は なるべくまとめていますが

一人で持ち帰る量に 限界があるため やむなく10日分となります

しかし これが ほんとに 一仕事なんです



ちなみに これが犬二匹 猫一匹の 10日分の食料
c0042451_839665.jpg



帰宅後 バタバタと雑用をすまし 下北沢へ 向かいました

trictrac公演の 小屋入りです

音響のシステムを 一新したため 

時間いっぱいまで 手間取ってしまいましたが 

何とか 準備完了

場当たりを すまし なんやかんや有り やっと帰路へ

帰宅後 カーテンコール曲のミックス等 仕込みの直しを行い 28時就寝




今回 こんなおしゃれな(笑) スタッフTシャツがー!
c0042451_858985.jpg


そして いよいよ 初日です
[PR]
by fullnelson65 | 2009-06-26 08:40 | 日々雑言

ヨコスカ

今日は ベースを弾きに ヨコスカまで遠出

生まれて初めての ヨコスカです

さすが ベース(基地)の街 

ディープな匂いが プンプンしています

道中 電車の中からの景色は 山しか見えません

開通当初は 基地への輸送のためだけに 

引かれたのでしょうか?

詳しい歴史は知りませんが 

手前まで あまりにも何も無いものなので はい

しかし ヨコスカに着けば もう立派な地方都市

地方都市に よくみかける 古いものと新しいものの混在

チャンプルーな雰囲気が 良い感じ

やはり 初めての街って 楽しいです



c0042451_0115386.jpg

駅を出ると いきなり

胸を突き出し 威張っている 

サックス吹きの銅像が! 笑

なぜ 威張る?笑

















c0042451_0164280.jpg

これは ビックリ!

こんな 映画館が まだ現役とは!

この写真だと いまひとつ 

わびしい感じが 伝わりにくいですが。。。。 

時間がなかったんで 入れませんでしたが

次回は 絶対に潜入します

もちろん ピンク映画です
















c0042451_0233814.jpg

歩きつかれて お茶しました

路地の おくーの方で発見

まるで ジャッキーチェンの 

映画に出てくる 茶屋
[PR]
by fullnelson65 | 2009-06-18 00:29 | 日々雑言

MACHIDA <----------> SEOUL


久しぶりに お芝居の為に 曲をかきました

曲を作ることも パソコンをいじることも 何とも久しぶりです

しかしそこは 三つ子の魂何とやらで 

意外な程 サクサクッと完成

何となく 出来上がったものを 音楽製作ソフトのコミュニティサイトに アップしてみました

すると 半日もしないうちに 反応がありました

ソウルに住む 韓国人の女の子が なんとこの曲に ラップを入れたいというのです!爆笑!!

思いもしない申し出に 驚きましたが これは面白そうと すぐに乗ることにしました



言語は? 歌詞は? 細かい相談を すべてメールで行い

音声データのやり取りをして なんと一日で 完成してしまいました!

音楽という事もありますが レスポンスが速くて 気持ち良いです

そして 見知らぬ 異国の20歳の女の子との コラボ完成です!! 笑

通信網が 発達した今の時代 こんな事は 良くあることなんでしょうか?

浦島太郎状態の 自分には 軽く カルチャーショックなんですが 


出来上がりも 面白い曲になりました 

ラップなんですが じつは彼女は パンクの方が好きらしいのです 

そう言われれば パンクにも 聞こえます 笑

この後に また予想外の展開になるのですが その話は またの機会に


曲の方は 映像にのっかって 芝居のオープニングに使われます

完成しましたら 改めて ブログにアップ予定です


---------------------------------------------------------------------------------------------

trictrac#10

「サイドミラーとまばたきと」

2009.06.26~28    しもきた空間リバティ 


お問い合わせは
コチラまで
[PR]
by fullnelson65 | 2009-06-15 00:43 | 日々雑言

二代目タイガーマスク

c0042451_12582840.jpg



この所 訃報ばかりで いやになりますね

プロレスリングノア代表 三沢光晴さんが お亡くなりになりました

デヴュー間もない頃 タイガーマスクとして活躍していましたが 

ある試合中 執拗にマスクを剥がそうとすする 対戦者に切れ

やってられるかと 自らマスクを脱ぎ去り 会場を沸かせました

その感情の表し方が 非常に印象に残っています

そして 素顔になってから それ以上に 活躍し

全日本プロレスの 黄金期 四天王時代を築き上げて行くのです

いわゆる プロレスとは 大体の試合に 「BOOK」という 筋書きがあり

その中で いかに盛り上げることができるかが レスラーの力量となります

一般に言われる 八百長とは少し違います 

本気の力のぶつかり合いで パフォーマンスするのです

その中で 三沢選手はじめ 全日本の選手たちは 

ある時期 極限とも見えるような パフォーマンスをしていました

相手の技を 精一杯 ぎりぎりまで 受け 

最後にそれ以上の技で 切り返す

いわゆる 受けのプロレス 受けの美学 といわれるものです

受ける事で 相手も輝かす事が できるのです

それ故に 危険も伴い いつか誰か 死んでしまうのでは とおもわせるほどでした

しかし 全選手が 観客には悟られない様な 抜群の受身を見せており

その中でも 三沢選手の受身は 芸術的ですらありました

プロレス興行としても バランスの良い 理想的な興行でした

おそらく あの時のような サイドストーリーもなく 

ただ 純粋に 試合のやり取りだけで 熱くなれるプロレス興行は 

もう あり得ないのではないかと 思っています

しかし蜜月は永くは続きません

段々と 温度差を感じてきて 自分も会場に 足が向かなくなっていました

あの時期の 三沢選手を 見ている自分としては 

バックドロップを 受け損なって 死んでしまうとは どうにも信じられません

よっぽど変な投げ方をされたのか 何か感情が絡んだのか。。。

いやぁ 切ないな


謹んで ご冥福をお祈りします
[PR]
by fullnelson65 | 2009-06-14 12:43 | 日々雑言

TALKING ABOUT THE BLUES

このところ BLUES に はまっています

何年かの周期で 回ってくる この感じ 流れから 

いよいよ自分でも BLUESバンドでも 始めようかなと 画策中



BLUESも 戦前の 伝統芸的なものから 始まり

HIP HOP や R&B はもちろんの事 

ハードロック や 果てはノイズ系 など  あらゆる音楽に 入り込んでいます

誕生から  一世紀近くも経ち 今だに 形を変え 新しい世代に 支持される このフィール

その魅力とは 何なんでしょうかねぇ? まぁ わかんないから 魅かれるのでしょうが


恩恵を受けていたものの 今まで不勉強だったもので

現在 どんどん遡って 吸収中なのですが

ほんとに プリミティブなパワーを感じます

こんなのを 聴いていると ムズムズと 演奏したくなってくるのです





こんなのも 進化系?として かっちょよい!

すごく好きです



[PR]
by fullnelson65 | 2009-06-07 06:22 | 日々雑言

運が悪けりゃ死ぬだけさ

先日 やっとこさ 

コーエンの 「NO COUNTRY」 観ました

もう二年位 精神的に調子が悪くて 

映画や音楽を 楽しめる状態じゃなかったんですが  

何とか 回復しつつありまして インプットが 加速しています

c0042451_2222434.jpg



期待を裏切らない らしさ いっぱいの映画でした

逃げる男 追う男 その二人を追う男

ちゃんと三人の立場 視点が偏らずに うまく表現されていて 好印象

どうみても 西部劇へのオマージュなんだろうけど

そこはコーエンですから ただの追跡物には 終わっておりません

トミーリージョーンズも 渋く演じるほど 何か笑えるし

おかっぱ頭の殺し屋に いたっては キャラ爆発です 笑


しかし 私の心を捉えて離さなかったのは 

ジョシュ・ブローリン演じる 金を持って逃げる男

基本的にイイ奴 頭も悪くない オーソドックスな タフガイ

だけど どこかしら 駄目男が匂ってくるというね

死に方も 非常にあっけなく 最高でした!

もう ペキンパーの映画に 出てたでしょう?てな感じですね

何か ただバイオレンスに走っているのは 最近でも結構ありましたが

久しぶりですねぇ この手のタフガイは 笑

非常に良かったです


で こんな曲を 思い出しました

松田優作の 探偵物語はカッコよすぎてだめだった

俺は断然 こっちだったんだよなぁ


「俺達は天使だ!」 主題歌 「男たちのメロディ」


[PR]
by fullnelson65 | 2009-05-26 07:46 | 日々雑言