ナカムラテツオのヒトリゴト


by fullnelson65
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

8千円のベース

しばらく隠遁生活が続いていましたが、
先日、久し振りに、レコーディングに誘われました。
手元に、まともな楽器が無かったので、ベースを一本購入しました。
どうせなら、ハイエンドと呼ばれる、高級家具調なモンでも、買ってやろうと思い、
しばらく楽器屋めぐりをしましたが、
どうもピンとこない。
そのクセ、値段は50万円~と、ふざけた状況なのです。
古いフェンダーも、80万円超えですし。
そんな時、近所のリサイクルショップで見つけました。

30年前に作られた、ヤマハ製。
昭和のメイドインジャパンです。

当時、ヤマハは積極的にオリジナルモデルに力を入れていましたが、
その中でも、人気の無かった、SBシリーズ。(・ω・;)

Super Bass 800s。


思い切ったネーミングにした割には、
人気ありませんでしたねー。(笑)

当時、8万円ですから、決して安いものでは、ありません。
確か、バウワウのキンさんや、アナーキーの人が使ってたかな?
しかし、何故か一般には浸透せず、不人気のため、これが最後のシリーズだったはず。
かたや、兄弟機種のBBシリーズは、超ロングセラー。
いまだに、生産が続いている、世界的な名器です。

そして、こちらはダメ兄貴。
いや、いや、ダメな方が、惹かれるんですね、オレは。
興味が湧いてきたので、、グリップの感触を確認してみました。

。。。。良いですね。
女、子供を寄せ付けない、丸太系です。
これは。。。かなり、太い。

店にアンプが無く、音も出せませんでしたが、
とりあえず、ネックが太く、丈夫ならば、何とかなります。
とにかく、連れて帰ってーと、言われてる気がして、
救出する事にしたのでした。

金8千円也。

かなり、煤けていたのですが、ちょっと拭いてやると、ほぼミント状態でした!
恐らく、買ったは良いが、ろくに演奏もされる事も無く、
物置か何かに突っ込まれていたんでしょう。
フレットも、全く減っていませんでした。

さて取り敢えず、全部バラして、清掃。そして、組み上げていきます。

最重要部分のネックですが、見事なものです。
反りも、ほぼ、見られません。

ポットと配線材を変えて、コンデンサーもオレンジドロップに換装。
弦は巷で評判の、Thomastik社、フラットラウンド。

そして、いよいよプラグイン。

なんか、ロックです。
思っていたより、かなりゴツイ。
ジョンポールジョーンズのジャズベサウンドに近い感じかな?
かなり、想像を超えた音だったんで、ビックリしました。

ローミッドがしっかりと張って、芯もある。
高音部も出ていますが、とてもまろやかな、好印象。
不思議と、プレベ的ニュアンスも、感じられます。

サスティーンが、ちょっと足りない。
まぁ、でも俺の演奏にサスティーンはあんま、関係ないかーヾ(^_^;
押さえ切れないほどの、暴れん坊でもありませんね。

取り敢えず、8千円の音では無いです。(*'o'*)
うーん、80万円と8千円のベースの違いが。。
つーか、善し悪しが、値段ほど、本当にあるんだろうか?

まぁ、オレはコイツで充分。
どんな、セッションにも、持って行けそうです。




c0042451_12233860.jpg

いろんなコンデンサーを、このワニクチくんで、試してみるのです。
[PR]
by fullnelson65 | 2009-04-25 13:00 | 日々雑言